不動産物件の選び方|快適な新生活を約束する

二種類あるサービスの選定

つみきの家

目的に応じて選ぶ

不動産の価値を知るための方法として業者に依頼して査定を行うのが一般的ですが、方法は大別すると二つあります。一つは簡易査定と呼ばれている方法であり、不動産についての書面情報から価値を計算するのが特徴です。もう一つは訪問査定と言われ、不動産について詳しい専門家に現物を見てもらって価値を判断してもらいます。この二つの方法でどちらを選ぶかは不動産の査定を受ける目的に応じて考えなければなりません。結果として報告される査定価格について、不動産を売却したときの取引価格になる値として信頼性が高いのは訪問によって現物を見てもらう方法です。住所や間取り、築年数などの情報から計算するのとは異なり、実際に建物がどのような環境にあるか、老朽化はどの程度進行しているか、設備などに何が揃っているかなどといった点を考慮して価格を算定してもらえるからです。売却をする予定で販売価格を決めたいというときには現物を見て評価してもらうに越したことはありません。一方、簡易査定にも二つの魅力があります。一つはただ不動産情報を提供するだけで算出してもらえることから簡便におよその価格がわかるという点です。訪問を受けて遣り取りをする手間をなくして短期間でどの程度の価値があるかが判明するので、その価格を基にして売るかどうかを決めたいというときに役立つでしょう。もう一つは複数の業者に依頼することで違いを比較できる点です。相場がどの程度かと判断するのに役立つ指標として活用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加