不動産物件の選び方|快適な新生活を約束する

再出発のために考えよう

間取り図

相場に準じた価格で売却

住宅ローンの返済の見通しが立たずに困っている方は、福岡にも大勢いらっしゃいます。そういった状況に直面した時には途方に暮れてしまうものですが、状況が逼迫しているなら速やかな対処が必要です。ローン返済で延滞を繰り返すようになると、債権者である金融機関が自宅を競売にかける事態に発展してしまいます。最終的には家を売るにしても、競売という形になってしまうと、持ち主にとっては様々なデメリットが生じてきます。自宅を競売物件という形で公に公開されてしまいますし、落札後は速やかに退去しなければなりません。何より競売の場合、通常あるべき物件の内覧が設けられていないため、購入する側もリスクを考え、通常相場よりもかなり低い価格で落札します。落札額は、どの地域でも通常相場の60%から80%ほどの金額となり、もちろん福岡でも競売になれば同様の結果になるでしょう。競売を避け、債務者としての負担をできるだけ軽減するためには、任意売却に向けて動き出すことが最優先課題です。任意売却とは、所有者が能動的に不動産売却を選択することを指し、債権者との話し合いの中で売却を進めていく方法です。任意売却の場合はしっかりと内覧の場が設けられるため、相場に近い金額で売却することができます。任意売却を請け負ってくれる相談所に依頼すれば、債権者との間で交渉を進めてくれるため、福岡の方も返済の負担を大幅に軽減させることができます。福岡には、任意売却を請け負ってくれる相談所がいくつも存在しているため、住宅ローンの返済に限界を感じているなら力になってもらいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加